performer 福岡のクリエイティブを盛り上げる?福岡を中心に活躍する登壇者を招き、福岡のクリエイティブを面白くするためのトークディスカッションが開催決定

福岡のクリエイティブを盛り上げる?福岡を中心に活躍する登壇者を招き、福岡のクリエイティブを面白くするためのトークディスカッションが開催決定

2015年11月07日

イムズホール:福岡を中心に活躍する登壇者を招き、福岡のクリエイティブを面白くするためのトークディスカッションを開催します

福岡を中心に活躍する登壇者を招き、福岡のクリエイティブを面白くするためのディスカッションをする30分。2016年の福岡がさらに楽しくなる企画が生まれる!?

出演者情報

藤岡 定(ふじおか さだむ)

福岡のメディア・アーティスト、デザイナー、研究者、anno lab代表。
関わった作品にNTT docomo TOUCH WOOD: 森の木琴、intel UltraBook: Clap for Dream、IDPWのメンバーとしてインターネットヤミ市など。作品の多くは知的好奇心を刺激するインタラクションの創造をテーマとする。人が楽しさから“つい”動いてしまい、それをきっかけに新しい視点・行動・興味・思考が生み出されるようなクリエイティブを心がけている。

三浦 僚(みうらりょう)

株式会社 電通九州 コミュニケーションプランニング局 プロデューサー
2005年 電通九州入社。 フィールドプロモーション領域を中心に、様々な企業・自治体の課題解決に取り組む。 主な仕事に、九州新幹線「祝!九州縦断ウェーブ」「ドリカム新幹線」、大分県立美術館「進撃の巨人展」、鶴屋百貨店「人とモノのものがたり展」など。

石丸 修平(いしまるしゅうへい)

福岡地域戦略推進協議会 事務局長
経済産業省入省後、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)に転じ、2013年5月に福岡地域戦略推進協議会(FDC)に参画、2015年4月より現職。その他、アビスパ福岡アドバイザリーボード(経営諮問委員会)委員長等を歴任し、現在、イノベーションスタジオ福岡事務局長、九州大学産学連携センター訪問准教授等も務める。

眞鍋 海里(まなべかいり)

BBDO J WEST コンテンツプランナー

広告領域にとどまらず、アナログからCF/MVなどの映像分野、デジタルテクノロジーによるインタラクティブ表現まで、人が求める”コンテンツ”を軸に話題を生み出す。

最近の仕事としては、AUTOWAY「雪道コワイ」からの動画3部作、集中リゲイン「The Exitreme Minuet♫」、「白衣は何人?」、HOME S「ドリーマー」、SNICKERS「世界同時催眠」、m&m s「World Friends Maker」、密室ホラーハウス「訪問者」プロデュースなど。国内外様々な広告賞を受賞。

松本 祐典(まつもと ゆうすけ)

ブランコ株式会社 クリエイティブ・ディレクター
2004年株式会社サヴィーに入社。プロモーションの企画運営や進行管理など、多岐にわたる業務に従事。2011年より科学系コミュニティRikafanを開始。2013年より科学雑誌読書会やARコンテンツ作成勉強会など、大人と科学をつなげる企画を展開。2012年より明星和楽のスタッフに加わり、2014年台湾では舞台監督と演出を担当。